メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 深浦康市九段-羽生善治竜王 第8局の7

羽生辛勝、深浦連敗

 ともに1分将棋になっている。後手玉は裸同然ながら先手は兵力不足。図で、[先]3二と右なら詰めろだが、[後]4五金[先]同歩[後]5三玉で寄るのかどうか、即断はできない。

 深浦は秒読みの声にせき立てられて、[先]6四角と切った。冒頭にも触れた通り、利き腕を負傷した深浦は、朝から左手指しを続けている。不用意に右腕を動かすと痛みが走るのか、ときおり顔をしかめる。

 [後]同香に[先]7五桂は分かりやすい詰めろ。しかし、なりふり構わず[後]8一角と受けられ、後続が…

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文786文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 水難事故 小学生3人溺れ、9歳男児が死亡 2人は無事 大阪
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです