メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメ小説・今月の推し!

異形の全編鯖 異色の最後

 今年1月、第1回大藪春彦新人賞に選ばれた赤松利市さんは61歳(当時)で住所不定、無職。ホームレスの経験もあるという経歴が目をひいた。その赤松さんが底辺の人間を描いて最初こそおとぎ話のような読み心地を漂わせながら、虚無に突き落とす透徹したノワール小説をひっさげて単行本デビューした。タイトルを『鯖(さば)』(徳間書店)という。

 和歌山・雑賀崎(さいかざき)を出自とする一本釣り漁師船団がいた。かつては栄えた船団も65歳の船頭を筆頭に今はたった5人。電気も水道もない孤島を拠点に、決まった料理店に漁獲を卸すと飲んで遊ぶ。家族もいないその日暮らしで年を重ねてきた。彼らに鯖を使った中国相手のビジネスが飛び込んできた。資金を出すのはIT企業、事業を進めていくのはビジネスパートナーの中華系カナダ人の女--。

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文851文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワニ肉を使った給食登場 「つくねみたいな味」 大きな口開け、児童ペロリ 大阪

  2. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 「受け入れたいのに受け入れられない」 民間病院、コロナ患者対応に苦悩

  5. 鍵をかけていても… 北関東でトラクターの窃盗多発 転売目的か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです