メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

羽生「夢」の4回転半へ 「今季中に」前人未到の挑戦

 【トロント共同】フィギュアスケート男子で66年ぶりに冬季五輪を連覇した羽生結弦(ANA)が世界初の大技に挑む。8月30日、練習拠点のトロントで取材に応じ「アクセルが一番の僕のモチベーション」と、今季に向けクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)成功を最大の目標に掲げた。

 2月の平昌冬季五輪の大舞台で頂点に立ち、7月に国民栄誉賞を授与された。周囲の期待や好結果が求められる重圧から解放され、今季…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです