連載

Features・2020年へ

Features(フィーチャーズ)は英語で特集や主役などを意味する。2年後の東京五輪を目指し、アジア大会を戦う日本選手団を紹介する。

連載一覧

Features・2020年へ

ジャカルタ・アジア大会 柔道 混合団体 男女結束、金への道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
柔道男女混合 東京への試金石
柔道男女混合 東京への試金石

 <フィーチャーズ アジア大会2018>

 発祥国の「お家芸」として、絶対に負けられない戦いだ。東京五輪でも初めて実施され、その前哨戦でもある。プライドをかけて、アジア大会の初代王者をとりにいく。

 国際大会では昨年9月にブダペストの世界選手権で開催されたのが最初だ。普段は別々で練習するため、男女の代表の交流する機会は少ない。男女の垣根を低くしようと、日本代表は昨年7月、「チームビルディング」と名付けた講習を男女一緒に実施した。選手も指導陣も交じって互いにニックネームを付けることで、交流を深めた。顔が似ていることから「白鵬」のあだ名が付いた女子代表の増地克之監督は「一体感が出てきた」と話した。

 昨年の世界選手権では試合前に円陣を組んで団結力を高め、準決勝で韓国を5-1、決勝でブラジルを6-0で降して初代王者になった。決勝で一番手として一本勝ちした女子57キロ級の芳田司は「気合の入る円陣を組んで一つになれた」。男子の井上康生監督は「大きな流れを作って、全員が活気づくような試合をしてくれたのが大きな勝因の一つ」と振り返った。コミュニケーションや一体感がチーム力を上げる鍵になる。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文1003文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集