メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features・2020年へ

ジャカルタ・アジア大会 柔道 混合団体 男女結束、金への道

柔道男女混合 東京への試金石

 <フィーチャーズ アジア大会2018>

 発祥国の「お家芸」として、絶対に負けられない戦いだ。東京五輪でも初めて実施され、その前哨戦でもある。プライドをかけて、アジア大会の初代王者をとりにいく。

 国際大会では昨年9月にブダペストの世界選手権で開催されたのが最初だ。普段は別々で練習するため、男女の代表の交流する機会は少ない。男女の垣根を低くしようと、日本代表は昨年7月、「チームビルディング」と名付けた講習を男女一緒に実施した。選手も指導陣も交じって互いにニックネームを付けることで、交流を深めた。顔が似ていることから「白鵬」のあだ名が付いた女子代表の増地克之監督は「一体感が出てきた」と話した。

 昨年の世界選手権では試合前に円陣を組んで団結力を高め、準決勝で韓国を5-1、決勝でブラジルを6-0…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文1003文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです