メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネット依存

中高生93万人 5年間で倍増 厚労省研究班

インターネット依存が疑われる中高生

 インターネット依存が疑われる中高生が全国で推計93万人に上るとの調査結果を、厚生労働省研究班(代表・尾崎米厚鳥取大教授)が31日発表した。中高生の12~16%にあたり、スマートフォン(スマホ)の普及を背景に前回調査(2012年度)の51万人から倍近く増えた。成績低下などの影響が出ている。

 研究班は17年12月~今年2月、全国の中学48校と高校55校の全校生徒を対象に調査し、6万4329人から回答を得た。

 「ネット使用を制限できなかった」「やめようとしたらイライラした」など8項目のうち5項目以上に該当した人を「ネット依存の疑い」とした。高校生は16・0%(前回9・4%)、中学生は12・4%(同6・0%)が該当。中高生のいずれも女子が男子を上回った。

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. クルーズ船待機 危機感薄く、感染広がり…いらだつ政府高官 内閣支持率への影響懸念も

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです