メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水川あさみ

「西郷どん」で龍馬の妻・お龍役 “密着”意識? いちずさ「似ていると思います」

NHKの大河ドラマ「西郷どん」で坂本龍馬の妻・お龍を演じる水川あさみさん (C)NHK

 鈴木亮平さん主演のNHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」に、小栗旬さん演じる坂本龍馬の妻・お龍(りょう)役で出演する水川あさみさん。2日放送の第33回「糸の誓い」からの登場で、「『西郷どん』の中でのお龍さんは、とても気が強くて、思ったことをそのまま口にしてしまうような女性。男勝りな部分も面白いと思ってもらえる、すごく魅力的な人物です」とアピールする。また「龍馬のことがとにかく好きで好きで、愛してやまない」といい、「そこだけ『現代か』っていうくらい龍馬に密着しています」とも明かす水川さんに、お龍のことはもちろん、愛する夫である“小栗龍馬”や“夫婦仲”についても語ってもらった。

“べったり”いることが「西郷どん」における龍馬とのお龍の在り方

 お龍は、安政の大獄で禁固に処された父が亡くなり困窮していたとき、龍馬と出会い結婚。薩長同盟成立後に龍馬が命を狙われた寺田屋事件では、お龍の機転で危機を脱する。負傷した龍馬の療養のため、2人で鹿児島を訪れ、霧島の温泉を巡ったことが、日本で初めての“新婚旅行”といわれている。

 お龍の生まれは京都とされ、「京都の人の“人たらし”っぽい部分が台本からもにじみ出ていて。龍馬のことがとにかく好きで好きで、愛してやまないので、そういうやりとりの中に、(人たらしな部分が)垣間見えると面白いのかなって思ってやっています」と笑顔で語る。

 「掘り下げてお龍という人物が描かれているわけではない」と前置きしながらも、「彼女には何があっても譲らない信念があって、それは何があっても龍馬についていく、彼をとにかく愛しているってこと。『西郷どん』においてはすごく大事な部分であって、旦那さまと同じくらい前に出て、思ったことをすぐ口にするけど、そこにうそがないっていうのも魅力的」と印象を明かしている。

 小栗さん演じる龍馬への接し方や密着ぶりは、まるで現代のカップルのように見えたりもする。「あの時代において、人前で男女がべったりとくっついているのは、あり得ないことなんですけど、そこは『西郷どん』における龍馬とのお龍の在り方なのかな」と理解している。龍馬に対して、とにかくいちずなところは「そこは(自身と)似ていると思います」と照れながら、認めていた。

龍馬役・小栗旬の魅力は圧倒的な存在感? 華やかさ? 「昔から、すごくヒーロー」

 愛する夫の龍馬を演じる小栗さんとは、10代のころから「何度も共演してきた」という水川さん。今回が約10年ぶりの共演になるといい、「同世代でもあって、もう不思議な感覚ですね。10代、20代のころにいろいろな仲間を交えて飲んでたりした役者の友達と、夫婦の役を、しかも大河ドラマという大きな舞台で一緒にできるのは誇らしいし、うれしいこと」と喜んでいる。

 小栗さんには、最初のリハーサルのとき「とにかくひっついていきますよ」と伝えたようで、「『光栄です』って言ってました。私は『うそつけ』って思いましたけど」とにやり。「でも、そういったことが自然にできる空気、関係性なんだと思います」としみじみとする場面も。

 改めて小栗さんの魅力を聞くと「昔からですけど、すごくヒーロー性を感じる」と即答。「そこはやっぱり龍馬に通じる部分でもあり、圧倒的な存在感を放つ、魅力や能力にたけているなって思いますね。すてきなところがたくさんあって、いろいろなアイデアが出てくる人。存在感や立ち回り、手足が長いから動きが大きくなるので、華やかに見えるし、やっぱりヒーローですよね」と幕末の英雄に重ねていた。

 「西郷どん」は、明治維新150年となる18年放送の大河ドラマ57作目。薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた西郷隆盛(吉之助)の愚直な姿にカリスマ藩主・島津斉彬が目を留め、斉彬の密命を担い、西郷は江戸へ京都へと奔走する。勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、革命家へと覚醒。やがて明治維新を成し遂げていく……という内容。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです