メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絶滅危惧種

シジュウカラガン群れ千島列島に 放鳥成果か

シャシコタン島付近の海面から飛び立つシジュウカラガン。首の付け根に白い輪のある成鳥(右)とまだない幼鳥(右から2羽目)が群れを成す=2018年8月12日午前8時21分、私市一康さん撮影

 「日本雁(がん)を保護する会」の呉地正行会長=宮城県栗原市=と仙台市八木山動物公園は8月31日、「絶滅危惧」の渡り鳥、シジュウカラガン26羽を、ロシアの千島列島中部で8月に確認したと発表した。群れには多数の幼鳥もいた。同会などは30年以上、シジュウカラガンの復活に向けて取り組んでいるが、繁殖期にまとまって確認されたのは初めてで、確実に繁殖が進んでいることを示すという。

 バードウオッチャーの私市(きさいち)一康さん=千葉県鎌ケ谷市=が12日、シャシコタン島(無人島)西側の入り江をボートで航行中、島方面から飛来した26羽を確認。このうち海面に降りた23羽の写真を、呉地会長らが14枚の画像ごとに分析。個体の大きさに違いはほぼ見られないものの、成鳥の特徴である首の付け根部分に白い輪がある鳥と、今年生まれたばかりでまだ輪が現れていない幼鳥の特徴を示す鳥がおり、割合を調べ…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  3. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです