メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災

ペットと避難 心構え絵本に「生き別れをなくして」

中川さんは愛犬のラブラドルレトリバーに囲まれ、絵本に秘めた思いを語った=小田原市で、堀和彦撮影

 災害発生時に飼い主がペットと避難する「同行避難」。その啓発に取り組んでいる神奈川県小田原市のNPO法人「防災総合ペット育成協会」の理事長、中川都子さん(44)が絵本をつくった。愛犬にマイクロチップを装着するなど、飼い主の備えを呼びかける絵本のタイトルは「君とずっと一緒にいたいから」で、防災の日の9月1日付で発行。西湘地区の公立小学校や幼稚園に配る。中川さんは「被災動物を出さない第一歩にできれば」と話す。

 <君と出会った日からぼくたちは毎日いっしょにいたね…ご飯のときも、遊ぶときも>

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです