新潟

喫茶店、ササでストロー プラごみ削減スタバに続け

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
阿部さん手作りのササストローとアイスコーヒー。使うかどうかは客の好みで=柏崎市新橋で2018年8月8日、内藤陽撮影
阿部さん手作りのササストローとアイスコーヒー。使うかどうかは客の好みで=柏崎市新橋で2018年8月8日、内藤陽撮影

 スターバックスに負けていられない--。自然保護のためプラスチック製の使い捨てストローの使用をやめるカフェチェーンの米スターバックスにならい、新潟県柏崎市の喫茶店「えとせとら」オーナーの阿部由美子さん(56)がササの茎で作ったストローを店で使い始めた。一個人事業主の小さな試みだが、環境に配慮した先駆的な取り組みとして注目される。【内藤陽】

 阿部さんは7月、ニュースでプラスチックごみの問題を知り、店でプラスチック製ストローを出すのをやめた。スターバックスが、2020年までに世界中に展開する2万8000店舗でプラスチック製ストローの使用を廃止する方針を発表したばかりだった。

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文1000文字)

あわせて読みたい

注目の特集