メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟

喫茶店、ササでストロー プラごみ削減スタバに続け

阿部さん手作りのササストローとアイスコーヒー。使うかどうかは客の好みで=柏崎市新橋で2018年8月8日、内藤陽撮影

 スターバックスに負けていられない--。自然保護のためプラスチック製の使い捨てストローの使用をやめるカフェチェーンの米スターバックスにならい、新潟県柏崎市の喫茶店「えとせとら」オーナーの阿部由美子さん(56)がササの茎で作ったストローを店で使い始めた。一個人事業主の小さな試みだが、環境に配慮した先駆的な取り組みとして注目される。【内藤陽】

 阿部さんは7月、ニュースでプラスチックごみの問題を知り、店でプラスチック製ストローを出すのをやめた。スターバックスが、2020年までに世界中に展開する2万8000店舗でプラスチック製ストローの使用を廃止する方針を発表したばかりだった。

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示要求で出した文書に

  2. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  3. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  4. 「クラクションに腹が立った」 あおり運転の疑いで中学校教諭を書類送検 兵庫

  5. ヤングケアラー~幼き介護 埼玉の高校生20人に1人が家族介護 大阪でも同傾向 半数超が中学以前から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです