メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

淡路

台風で倒壊の風車、土台の鉄筋が断裂 現地調査

台風20号で倒壊した風車の基礎部を調べる専門家ら=淡路市小倉で2018年8月31日午後2時27分、登口修撮影

 台風20号で倒壊したとみられる北淡震災記念公園(兵庫淡路市小倉)の風力発電用の風車(出力600キロワット)について、経済産業省は31日、専門家と共に現地調査を行った。塔(高さ37メートル)を支える土台部分のコンクリートに入っている鉄筋が断裂していることが判明した。県内には29基の発電用風車(3月末時点、10キロワット以上)があり、新温泉町では新たな建設計画も進む中、倒壊の原因に注目が集まっている。

 風車は全高約60メートルで、風速1.5メートル以上で3枚羽根が回転して発電する仕組み。設備の故障で昨年5月から停止状態だった。8月23日夜から24日未明にかけて通過した台風の強風で、土台が折れて倒壊したとみられる。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. NiziU、初シングルCD「Step and a step」が店頭に

  3. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  4. コロナで変わる世界 <移民編 インタビュー③>広瀬弘忠さん 感染を外国人のせいにする行政「ヘイト」は問題

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです