メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府

南海トラフ想定し訓練 府内全域スマホに緊急送信

 大阪府は南海トラフ巨大地震を想定し、5日に府内全域のスマートフォンに緊急速報メールを一斉送信する「大阪880万人訓練」で、職場や自宅にとどまるよう求める初の訓練を行う。6月の大阪北部地震で課題になった通勤・帰宅困難者対策の一環。インターネット検索大手「ヤフー」と共同で防災通知アプリの新機能も開発し、巨大災害の対策強化を進めている。

 大阪北部地震は府が想定していた「平日の昼間」でなく通勤ラッシュ時に発生した。府は、この教訓を踏まえ、企業に通勤中や帰宅時など時間帯別の対応を要請する方針。5日の訓練では午前11時過ぎに大津波警報発表を知らせるエリアメールに加え、その約30分後には、むやみな行動を控え、自宅や職場に待機するよう呼び掛けるメールを配信する。

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです