メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

出馬断念の野田氏「三つどもえ」作れず

閣議に臨む安倍晋三首相(左)と野田聖子総務相=首相官邸で2018年8月31日午前10時3分、川田雅浩撮影

 野田聖子総務相(57)が自民党総裁選(9月7日告示、同20日投開票)の出馬を断念したのは党内基盤の弱さと、安倍晋三首相(63)陣営の締め付けで支持拡大の余地が見いだせなかったためだ。石破茂元幹事長(61)との「三つどもえ」の構図を作れなかった。

 「さまざまな連絡や取り組みが後手後手に回った。ただ漫然と集うのではなく、日本政治、自民党活性化のための拠点が必要だ」

 野田氏は31日の記者会見で基盤の弱さと見通しの甘さを反省し、自身が中心のグループ作りに意欲を示した…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文804文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです