メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防衛装備庁

研究助成に6大学 応募数は半減

 防衛装備庁は31日、自衛隊の防衛装備品に応用できる大学などの最先端研究を公募して助成する「安全保障技術研究推進制度」の今年度分の配分先20件を発表した。同制度に対しては「軍事研究に当たる」との批判が強く、科学者の代表機関・日本学術会議が昨春、大学などの応募を規制する声明を出しているが、大学は配分先と分担先合わせて6校が選ばれた。

 応募総数は73件で、昨年度の104件から減少した。特に大学からの応募は12件(9校)と、昨年度の22件(16校)から半減した。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  2. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  5. 全国で新たに622人確認 3カ月ぶり600人超え 緊急事態解除後、最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです