メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

稀勢の里、再起へ収穫と課題 稽古総見

横綱審議委員会の稽古総見で稽古する稀勢の里(左)と鶴竜=東京・両国国技館の相撲教習所で2018年8月31日、丸山博撮影

 大相撲秋場所(9日初日、東京・両国国技館)を前に横綱審議委員会の稽古(けいこ)総見が31日、同館で行われた。8場所連続休場中の横綱・稀勢の里は、横綱・鶴竜や豪栄道、栃ノ心の両大関と計8番取り、再起に向け収穫と課題が出た。

 4番を取った豪栄道には最初、右上手が取れずに後退して土俵を割った。だが、動きの中で顔を張られると一転して押し相…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです