メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

柔道男子100キロ級、飯田が金 16年ぶり

 ジャカルタ・アジア大会は第14日の31日、柔道の男子100キロ級が行われ、20歳の飯田健太郎(国士舘大)が決勝で趙グハム(韓国)を降して、金メダルを獲得した。日本勢の同階級での優勝は2002年釜山(韓国)大会の鈴木桂治(現国士舘大監督)以来16年ぶり。

 キレ味鋭い内股で、現在男子監督の「井上康生2世」と期待された飯田。一時の低迷期を乗り越えてアジアの頂点をつ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです