メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

悲願の金のさくらジャパン 五輪へ夢広がる

【日本-インド】優勝し金メダルを手に喜ぶ日本の選手たち=ジャカルタで2018年8月31日、宮間俊樹撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第14日の31日、ホッケー女子の決勝が行われ、世界ランキング14位の日本は同9位のインドを2-1で降して、悲願の初優勝を果たした。

 勝利を告げるブザーが鳴ると、桜色のユニホームの選手たちはコート上で抱き合った。表彰台の上でつないだ手を高く上げ、満面の笑みで金メダルを首にかけた。過去は準優勝が3度。主将の内藤は「金メダルを取れたことは大きな意味がある」と誇らしげだった。

 日本は第1クオーターで、ペナルティーコーナー(PC)から清水が先制。第2クオーターに同点とされたが…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文499文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で
  5. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです