メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第1部 語る/6 次代への提言

小熊英二氏(おぐま・えいじ) 1962年東京都生まれ。慶応大教授(歴史社会学)

小国日本への回帰--三谷氏

大災害に備え結束--高村氏

高齢化前提に構想--小熊氏

 小松浩主筆 政治、経済、社会、その他さまざまな議論をしていただき、この先何をどう考えていけばいいのかというヒントをたくさんいただきました。最後にポスト平成に向け、お話をうかがいたいと思います。平成から積み残されたさまざまな課題があります。たとえば、人口が急減している。日本の社会に欠けているといわれる構想力をどうやれば取り戻すことができ、次の時代の日本を描けるのでしょうか。

 小熊英二氏 先ほど話したように、私の見方では、国を単位にものを語るのは困難になってきている。一つは…

この記事は有料記事です。

残り2328文字(全文2605文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
  5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです