メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新米

「おいしいね」 仙台の百貨店で販売開始 /宮城

 仙台市青葉区の百貨店藤崎で、県の新米の販売が始まった。試食をした買い物客らは「おいしい」と笑顔を見せながら、収穫したばかりの新米を買い求めていた。

 店頭に並ぶのは、涌谷町の農家、黒沢重雄さんと長男伸嘉さん親子が作る極早稲米「おもてなし」。「ひとめぼれ」が突然変異した品種で、2001年から本格的に栽培している。農薬や化学肥料は使用せずに育てており、粘りが強く、もっちりとした食感が特長。

 伸嘉さんによると、今年は天候に恵まれ、粒の大きさや香りなど理想的な米の出来栄えだという。早速、新米…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  3. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  4. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです