メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大津100円商店街

シャッター通りに笑顔 /滋賀

「100円商店街」のイベントでにぎわうアーケード下=大津市菱屋町商店街で、諸隈美紗稀撮影

 毎回3万人の客が集まるという「大津100円商店街」が1日、大津市中心部にあるなかまち商店街などの約130店舗で開かれ、軽食や雑貨を求める多くの人でにぎわった。

 シャッター通りが広がる商店街を盛り上げようと2011年に始まり、23回目。当初は年3回の頻度だったが、予想以上の反響を受け、昨年から3、6、9、12月の年4回、第1土曜日に開催するようになった。

 食品や衣服、生活雑貨といった商品が、100円など安価で手に入り、落語会や百人一首を使った「お坊さん…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文453文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです