特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

伏見・土砂崩れ 地元住民、是正工事中止を要望 市「行政代執行、視野に」 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
再度の土砂崩れへの不安を京都市都市計画局の鈴木章一郎局長(左側手前から3人目)らに訴える小栗栖自治会の西村嗣子会長(右側手前から2人目)=京都市役所で、飼手勇介撮影
再度の土砂崩れへの不安を京都市都市計画局の鈴木章一郎局長(左側手前から3人目)らに訴える小栗栖自治会の西村嗣子会長(右側手前から2人目)=京都市役所で、飼手勇介撮影

 京都市伏見区の大岩山で不法投棄された土砂などが西日本豪雨で崩れ、住宅街に迫った問題で、ふもとの自治会などが8月31日、工事計画書の提出がないまま大量の土砂が山頂に搬入され続けた崩落防止の「是正工事」の中止を求める要望書を市に提出した。市側は土砂を締め固めるなどしている緊急工事を続ける方針を示し、専門家が必要性を指摘していた排水措置も行うと説明。業者が応じなくなった場合は「行政代執行も視野に入れている」と述べ…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

あわせて読みたい

注目の特集