メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校生平和大使

20人が帰国報告会 被爆者の声、これからも世界に 「貴重な体験できた」 /長崎

 核兵器廃絶を願う署名を国連欧州本部(スイス・ジュネーブ)に届ける活動をしている「高校生平和大使」の今年の20人が帰国し、1日、長崎市内で報告会を開いた。約11万通の署名を同本部の軍縮局に提出し、各国の大使らとの意見交換会に参加するなどした高校生たちは「活動を後押しする声や、異なる考え方に触れる貴重な体験ができた」と振り返った。

 20人は軍縮会議日本政府代表部主催の意見交換会に参加し、核兵器の保有国、非保有国の大使ら外交関係者…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文576文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で
  5. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです