メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校生平和大使

20人が帰国報告会 被爆者の声、これからも世界に 「貴重な体験できた」 /長崎

 核兵器廃絶を願う署名を国連欧州本部(スイス・ジュネーブ)に届ける活動をしている「高校生平和大使」の今年の20人が帰国し、1日、長崎市内で報告会を開いた。約11万通の署名を同本部の軍縮局に提出し、各国の大使らとの意見交換会に参加するなどした高校生たちは「活動を後押しする声や、異なる考え方に触れる貴重な体験ができた」と振り返った。

 20人は軍縮会議日本政府代表部主催の意見交換会に参加し、核兵器の保有国、非保有国の大使ら外交関係者と交流した。奈良高(奈良)2年の原苑美さん(17)は、保有国の代表者から「核抑止力は必要だが、若者の取り組みに期待している」との考えを示されたと報告。「自分たちの思いを発信し、主張する大切さを感じた」と語った。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. 首相が誇示する「日本モデル」はどこまで有効か 冬の再流行の懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです