メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

人気参考書の著者、更生支え(その1) 少年院で「熱い数学」

笑顔で数学を教える高橋一雄さん。新潟へ来るたびに少年たちの学力が伸びる実感が何よりうれしい=新潟県長岡市の新潟少年学院で2018年6月25日、渡部直樹撮影

 鉄格子のはまった窓から初夏の日が差し込む。6月25日、新潟県長岡市の山あいにある少年院「新潟少年学院」の教室で、16~19歳の少年13人が一点を見つめていた。視線の先のホワイトボードに並ぶのは、高校の数学で学ぶ2次方程式だ。「これ、やってみようか」。外部講師の数学教育者、高橋一雄さん(57)に名前で呼ばれた少年が、前に出て問題を解き始めた。

 少年は特殊詐欺で現金を受け取る「受け子」を繰り返して逮捕され、初めて少年院に入った。中学卒業後、高校へは行かず、勉強とは無縁。2カ月前まで分数計算もできなかった。「今日、調子悪いっす」「自信を持って間違えてください」。教室がどっと沸いた。何とか解答を導き、「パーフェクト!」と高橋さんに褒められると、少年はちょっとはにかんだ。

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです