メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ストーリー

人気参考書の著者、更生支え(その1) 少年院で「熱い数学」

笑顔で数学を教える高橋一雄さん。新潟へ来るたびに少年たちの学力が伸びる実感が何よりうれしい=新潟県長岡市の新潟少年学院で2018年6月25日、渡部直樹撮影

 鉄格子のはまった窓から初夏の日が差し込む。6月25日、新潟県長岡市の山あいにある少年院「新潟少年学院」の教室で、16~19歳の少年13人が一点を見つめていた。視線の先のホワイトボードに並ぶのは、高校の数学で学ぶ2次方程式だ。「これ、やってみようか」。外部講師の数学教育者、高橋一雄さん(57)に名前で呼ばれた少年が、前に出て問題を解き始めた。

 少年は特殊詐欺で現金を受け取る「受け子」を繰り返して逮捕され、初めて少年院に入った。中学卒業後、高…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文721文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  4. ヒマワリ 200万本、黄色の海 八戸 /青森

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです