メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

「地方重視」合戦 安倍氏、地域経済底上げ/石破氏、政府主導を転換

 自民党総裁選(7日告示・20日投開票)に立候補する安倍晋三首相(63)と石破茂元幹事長(61)は1日、徳島市と福島県白河市をそれぞれ訪れ、支持を呼びかけた。野田聖子総務相(57)が不出馬を表明し、安倍、石破両氏の一騎打ちの構図が確定して初めての週末。党員票の獲得に向け、両氏とも地元の名産などに言及しながら「地方重視」の姿勢を強調した。【古川宗、浜中慎哉】

 首相は徳島市のホテルで講演し「消費が増えれば税収が上がり、成長のための投資を行う。『成長の循環』を…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです