メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

ローカル線、復旧長期化 災害、鉄路存続を左右 JR、費用負担重く

 自然災害で不通になったローカル線の復旧作業が長期化し、廃線が懸念されるケースが出ている。1年以上運休中のJR線は7路線あるが、4路線は鉄路による復旧の見通しがない。これまでも鉄道会社が復旧を断念したり、バスなどに転換したり、再開が決まっても、地域の財政負担が増える事例も起きている。自然災害が鉄道廃線のきっかけになりかねない地方の現実。国鉄民営化から31年、利用状況の減少が下げ止まらない中で、鉄路存続への判断を迫られる各地の事情を取材した。

 「話が進まなければ、鉄道以外を」。JR九州の青柳俊彦社長は8月27日の記者会見で、昨年7月の九州北部豪雨で被災した日田彦山線の不通区間の復旧が困難と判断した場合、線路跡へのバス高速輸送システム(BRT)導入など輸送手段転換の可能性を検討していることを示唆した。

この記事は有料記事です。

残り1596文字(全文1949文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 6歳児がバス停表示ミス次々発見 バス会社が感謝状 「好きなこと頑張れば特別なことが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです