メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貿易激震

NAFTA 米・カナダ、乳製品開放巡り溝 5日に交渉再開へ

8月31日、米ノースカロライナ州シャーロットで演説するトランプ大統領=AP

 【サンフランシスコ清水憲司】米国とカナダによる北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉は、トランプ米政権が設定した8月31日の期限までに大筋合意に達しなかった。トランプ大統領は既に合意したメキシコとの2国間協定に切り替える強硬姿勢を見せるが、米議会では「カナダ排除」に反対論が強く、5日にカナダと交渉を再開することになった。

 再交渉は、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表と、カナダのフリーランド外相が28日からワシントンで行ってきた。最大の対立点は、カナダの重要産品である乳製品。米国は乳製品の市場開放を求めたが、カナダ側にとって酪農地帯は大票田で、大幅な譲歩は難しく、溝が埋まらなかった。トルドー首相は「ひどい合意ならしない方が良い」としている。

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. センバツ21世紀枠候補・矢上 球児の明るいスマイル 小さな町にもたらす笑顔

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです