メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

楽天 「楽市・楽座」明るく前向きに

 インターネット通販大手、楽天は三木谷浩史会長兼社長(53)が創業した。日本興業銀行(現みずほ銀行)時代に米ハーバード大ビジネススクールに留学して起業家精神を学んだ三木谷氏は帰国後、阪神大震災で古里・神戸が大きな被害を受けたのを目の当たりにして「一度しかない人生を思い切り生きよう」と辞表を提出。1997年2月、前身のエム・ディー・エム(マジカル・デジタル・マーケットの略)を設立した。

 当時は通信速度が遅く、ネットへの信頼感もなかったため「人はネットでモノを買わない」と言われていた。…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです