メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ストーリー

人気参考書の著者、更生支え(その2止) 少年に「生きる力」を

「間違えても大丈夫。なぜ間違えたのかを自分の頭で考えて下さい」。授業中、問題につまづいた少年たちに歩み寄り、疑問に答える=新潟県長岡市の新潟少年学院で2018年6月25日、渡部直樹撮影

 

 ◆数学教育、自費出版からスタート

受験での挫折、原点

 数学の答案用紙は×より〇を数える方が早かった。偏差値38。数学教育者を名乗る今では信じがたいが、高橋一雄さん(57)=さいたま市在住=の高校3年2学期のテスト結果だ。

 持病のぜんそくのため小中学校を半分近く欠席し、登校すればいじめられた。勉強も落ちこぼれ、中でも数学は大の苦手だった。ぜんそくに苦しんだ経験から、高校では「治す側になりたい」と医学部を志した。必須科目の数学とも向き合ったが、受験に失敗。浪人生になり、参考書を読んでいてふと気づいた。基本が全く理解できていなかったのだ。

 「やっぱり俺はばかなのかな」。来年も落ちると思うと、情けなくて泣けてきた。翌年も不合格。2浪が決ま…

この記事は有料記事です。

残り4772文字(全文5093文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  2. SNSで香港デモ巡り政治的対立あおる投稿繰り返したアカウント削除 中国政府関与の疑いも

  3. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです