メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

「映像」から得られること伝えたい=河瀬直美

「なら国際映画祭2018」で行われたユース映画制作ワークショップの撮影風景=河瀬さん提供

 「なら国際映画祭」では、今年新設したプロジェクトにユース映画制作ワークショップとユース審査員がある。前者は中学生を対象にして、夏休み中に彼らの企画を映画化するというものだ。今回のサポートには金沢で始まった「こども映画教室」のスタッフに入ってもらい、特別講師に萩生田宏治監督を招聘(しょうへい)しておこなった。いつも東京を中心に活動されているみなさんを奈良にお呼びして、世界遺産の町で映画を製作するコラボレーションである。なら国際映画祭は、こうして次世代の育成において、さまざまなパートナーシップをとりながらユニークな場を創出することも心がけている。「こども映画教室」の方々の取り組みは今回関西に初めて紹介されることとなった。

 映像を通して、子供たちの感性が形になってゆくことはとてもすてきなことだ。昨今「映像」の持つ非常にリ…

この記事は有料記事です。

残り1253文字(全文1616文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです