メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

「映像」から得られること伝えたい=河瀬直美

「なら国際映画祭2018」で行われたユース映画制作ワークショップの撮影風景=河瀬さん提供

 「なら国際映画祭」では、今年新設したプロジェクトにユース映画制作ワークショップとユース審査員がある。前者は中学生を対象にして、夏休み中に彼らの企画を映画化するというものだ。今回のサポートには金沢で始まった「こども映画教室」のスタッフに入ってもらい、特別講師に萩生田宏治監督を招聘(しょうへい)しておこなった。いつも東京を中心に活動されているみなさんを奈良にお呼びして、世界遺産の町で映画を製作するコラボレーションである。なら国際映画祭は、こうして次世代の育成において、さまざまなパートナーシップをとりながらユニークな場を創出することも心がけている。「こども映画教室」の方々の取り組みは今回関西に初めて紹介されることとなった。

 映像を通して、子供たちの感性が形になってゆくことはとてもすてきなことだ。昨今「映像」の持つ非常にリ…

この記事は有料記事です。

残り1253文字(全文1616文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「『ちぇるちぇるらんど』すいません」に玉城知事「デニーズは僕の店…」 表敬訪問 /沖縄
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです