メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

持田叙子・評 『「ふつうのおんなの子」のちから 子どもの本から学んだこと』=中村桂子・著

 (集英社クリエイティブ・1620円)

「おんなの子」の知恵を活かしたい

 うれしくなる。本の中のなつかしい元気な「おんなの子」たちが次々に出てくる。

 あしながおじさんのジューディ、長くつ下のピッピ、やかまし村のリーサ、若草物語のジョー、ふたりのロッテ、アルプスのハイジ、小公女セーラ、赤毛のアン……。

 多くの女性にとって彼女たちは忘れがたい存在だ。いっしょに育った心の中のお友だち、たいせつな仲間。あこがれであり、じぶんの分身でもある。著者もそうだという。

 中村桂子さんは理系女子の先駆者。生命誌という新しい分野をひらいた。三十八億年前に海にいた原始細胞か…

この記事は有料記事です。

残り1127文字(全文1404文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  3. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. わこ盲導犬贈呈プロジェクト 30頭で活動に終止符 視覚障害者支援は継続 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです