メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

海部宣男・評 『土 地球最後のナゾ 100億人を養う土壌を求めて』=藤井一至・著

 (光文社新書・994円)

軽快に読める土壌案内

 ずいぶん前、「土壌とは微生物などの生物活動がある土をいう」と書いてあるのを読んだ。土の生産性を考える土壌学の基本だそうで、これが専門ということだなあと感心した。ではコンクリートに覆われた都会の土は土壌と呼べるのかと、余計なことも考えた。そんな土地は食糧生産に縁がないから、土壌学の対象外だろう。でも、気になる。

 私たちは日々、土壌に接している。それに毎日の食物では日本中、いや世界中の土壌にお世話になっているの…

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです