メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『鎖塚--自由民権と囚人労働の記録』=小池喜孝・著

 (岩波現代文庫・1534円)

 「明治150年」の今年、政府は近代化の顕彰にいそしむ。しかし他の時代同様、明治には明るいこともあれば暗いこともあった。本書は、真っ黒の歴史に光を当てる労作だ。

 明治の初め、政府は多数の囚人を北海道「開拓」にあたらせた。北海道に監獄があったから送ったのではなく、鉱山や道路敷設など労働力が必要な地域にそれを作るという、逆立ちした施策による。セクハラ官僚に人権があ…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです