メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『鎖塚--自由民権と囚人労働の記録』=小池喜孝・著

 (岩波現代文庫・1534円)

 「明治150年」の今年、政府は近代化の顕彰にいそしむ。しかし他の時代同様、明治には明るいこともあれば暗いこともあった。本書は、真っ黒の歴史に光を当てる労作だ。

 明治の初め、政府は多数の囚人を北海道「開拓」にあたらせた。北海道に監獄があったから送ったのではなく、鉱山や道路敷設など労働力が必要な地域にそれを作るという、逆立ちした施策による。セクハラ官僚に人権があ…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  4. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

  5. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです