メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来への手紙プロジェクト

本物の涙 パート2(お花屋さんの娘たちのママさん)

 一人目は37週で妊娠高血圧になり急きょ出産でしたが、二人目はノントラブルだったので、三人目も大丈夫だろうと気楽に考えていたら33週で切迫早産、入院になりました。出産まで入院かと覚悟をしていましたが、点滴と安静でよくなり自宅療養できることに。赤ちゃんからのプレゼントだと思い、出産までのんびり過ごすことにしました。その間2人のお姉ちゃんは、祖母のはーちゃんのお世話になっていて少し寂しい思いをさせてしまいましたが、赤ちゃんとママのためにがんばってくれました。

 予定日は9月27日でしたが「9月13日に産む!」と出産宣言をしていると、9月13日の朝に陣痛が始まりました。仕事に行っていたパパは急いで駆けつけてくれました。いよいよ出産です。あまりの激痛にパパの腕を、折れそうなほど強い力でつかんでしまっていました。無事に出産を終えホッとしてパパを見ると、お姉ちゃんたちの時と同様、やはり涙を流していました。

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです