メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

ホッケー 日本男子、初の金 シュートアウト、マレーシア破る

ホッケー男子決勝、マレーシアに勝利して優勝を決め、喜ぶ日本の選手たち=ジャカルタで2018年9月1日、徳野仁子撮影

 (第15日・記録は共同など)

 日本は6-6の同点でもつれ込んだシュートアウト(SO)戦の末、マレーシアに3-1で勝利した。

 SO戦で5番目の村田和麻(小矢部REDOX)が放ったシュートがゴールに吸い込まれた。センターライン付近で祈っていた日本の選手たちは、村田の元へ駆け寄る。快挙を達成した選手たちは大声を出し、抱き合い、喜んだ。

 起死回生だった。主将の山下学(同)が「負けてしまうかと思った」と振り返ったほど、前半はマレーシアにスピードで圧倒され、一時3点差をつけられた。だが、第4クオーターで一気に追いついた。「走りきることだけを一生懸命やった」と山下。残り2分を切って、再び勝ち越されたが、試合終了間際にペナルティーコーナー(PC)を獲得。時計は残り20秒余りだった。このチャンスで同点とし、SO戦に持ち込んだ。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 大阪市、ハトなどへの餌やり規制へ 10年前から一部住民が続け、ふん害発生

  3. 宝塚歌劇、雪組でも1人がコロナに感染 大阪で17日開幕の公演出演者

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです