テニス

全米オープン ナダル耐え16強

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第27シードのハチャノフに苦戦の末勝ち、16強入りしたナダル=USAトゥデー・ロイター
第27シードのハチャノフに苦戦の末勝ち、16強入りしたナダル=USAトゥデー・ロイター

 【ニューヨーク浅妻博之】テニスの4大大会最終戦、全米オープン第5日は8月31日、当地のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス3回戦で第1シードの前回覇者、ラファエル・ナダル(スペイン)が第27シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)を5-7、7-5、7-6、7-6で降し、16強入りした。

 女子シングルス3回戦は、7回目の優勝を目指す第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)が、前回4強で第16シードの姉ビーナス・ウィリアムズ(米国)に6-1、6-2で勝ち、姉妹対決を制した。女子ダブルス2回戦で日比野菜緒(ルルルン)オクサナ・カラシニコワ(ジョージア)組が第9シードのペアを破った。混合ダブルス1回戦でマクラクラン勉、二宮真琴(橋本総業)組は敗れた。

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1391文字)

あわせて読みたい

注目の特集