メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

水球 逆転負け、銀 男子

【日本-カザフスタン】第4ピリオド、シュートを放つ足立=ジャカルタで2018年9月1日、徳野仁子撮影

 (第15日・記録は共同など)

 水球男子の決勝で日本はカザフスタンに敗れ、1970年バンコク大会以来48年ぶりの金メダルを逃した。最大4点をリードしながらの逆転負けに、大本洋嗣監督は「もう一度足元を見つめ直してやっていきたい。48年間、勝てないのは理由があるはず」と唇をかみしめた。

 日本は開始早々から平均身長で約10センチ上回る相手に持ち味の堅守速攻で対抗した。GK棚村克行(ブルボンKZ)を中心に守り…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです