メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Suka!ジャカルタ

アジア大会 野球審判=スリランカ スジーワ・ウィジャヤナーヤカさん(35)

東京で「恩返し」夢見て

 日本と韓国が対戦した1日の野球決勝で二塁塁審を務めた。「今まで経験した中で一番大きな大会。スピードが速く、緊張感もある。誇りに思っている」。国際大会で求められるレベルでジャッジができるのは野球が盛んな日本、韓国、台湾の審判がほとんどだ。スリランカ人として初めて、決勝で務めた。

 中学まではクリケットの選手で、高校1年から野球を始めた。スリランカ代表の投手として国際大会にも出場し、卒業後は銀行で働きながら野球を続けていた。2006年に大分県別府市の立命館アジア太平洋大(APU)に留学し、野球部に…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです