東都大学野球

秋季リーグ 開幕 東洋大競り勝つ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
7回2失点と好投した東洋大の上茶谷
7回2失点と好投した東洋大の上茶谷

 東都大学野球秋季リーグ戦は1日、神宮球場で開幕し、1回戦2試合を行った。4季連続優勝を目指す東洋大は、先発の上茶谷(4年・京都学園)が7回2失点と好投し、4-3で立正大に競り勝った。駒大は四回に酒井良(4年・修徳)の2点二塁打で逆転し、2-1で中大に先勝した。

新たな引き出し、要所で使い快投

 東洋大のエース右腕・上茶谷が、新たに習得したカットボールを効果的に使い、先発の役割を果たした。試合後、にやりと笑いながら「引き出しが増えた。大きな収穫」と、手応えを口にした。

 2点リードの六回、先頭に安打を許したが1番打者を外角へのカットボールで遊ゴロに仕留めた。2番打者もカットボールで攻め、最後は直球で一邪飛に。七回は3者凡退で、7回を投げて散発3安打、2得点に抑えた。

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文687文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集