パワハラ

SNSで相談 スポーツ庁検討「選手声上げて」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 スポーツ庁の鈴木大地長官が1日、体操の2016年リオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江選手(18)がパワーハラスメント被害を告発したことを受け、「弱い立場の選手たちが声を上げることは大事。スポーツ界をクリーンにする意味では正しい方向」と語った。選手ら現場の声が届きやすいようにソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を利用した相談窓口の開設も検討していることを明らかにした。

 公的機関の日本スポーツ振興センター(JSC)では、日本オリンピック委員会(JOC)の強化指定選手らを対象に、14年から専用電話とメールでの相談を受け付けてきた。しかし、相談件数が昨年度まで19件にとどまるため、新たな連絡方法に選手らが日常的に親しむSNSを加えるという。相談内容などの秘密は厳守する。

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文498文字)

あわせて読みたい

注目の特集