メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・心のサプリ

最大の贈り物=海原純子

 この数カ月「楽しむ」ということについて考えていた。「楽しむ」という言葉がもつイメージがあまりにも固定化されているのではないだろうか、と。例えば、以前オリンピックに出発する選手が「楽しんできます」と発言したら、「国の費用を使って行くのに、楽しむとは何ということか」という意見があったり、ワールドカップに出場するサッカーの選手が「楽しくやります」と発言すると、「緊張をほぐすためにそう言っているんだろう」などと臆測するコメントが出されたりしたからである。つまり「楽しむ」ということには、「肩の力をぬく」「真剣にならない」というようなイメージが固定化していて、遊ぶ、リラックスするという類(たぐい)のことが楽しむということだ、という認識になっているのではないか。そしてそのことは問題だと、気になって仕方がなくなったのだ。

 若いころは、私自身も楽しむことはくつろいで遊ぶことにあり、おいしいものを食べたり、旅に出たりするこ…

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1188文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです