メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

少年野球

中津と佐賀で「早慶戦」 両校創始者ゆかりの地

雨の中、選手宣誓する池田主将(左)と加藤主将

 大分県中津市と佐賀市の親善を深める第20回少年野球交流大会が1日、中津市加来のダイハツ九州スタジアム(同市民球場)で開幕した。早稲田大学創設者の大隈重信が佐賀出身、慶応義塾創設者の福沢諭吉が中津育ちという縁から「早慶戦」と呼ばれている。

 今年は計15チームが参加した。この日はあいにくの雨のため、開会式のみが開催さ…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文395文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです