メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤清正

虎皮を贈られ礼状 豪商の伝来文書から発見

加藤清正が後藤勘兵衛から「虎皮1枚と大皿10枚」を贈られて出した礼状=京都市中京区の京都文化博物館で、南陽子撮影

 「虎退治」の猛将として知られる加藤清正(1562~1611年)が正月祝いに虎皮を贈られ、喜びをつづった礼状が、京都を拠点に刀装具の製作を手掛け、豪商でもあった後藤勘兵衛家の伝来文書から見つかった。豊臣秀吉が16世紀末に朝鮮に侵攻した「文禄・慶長の役」で武将らは虎を狩り、秀吉に肉などを贈ったとされる。清正は青年時代に「虎之助」とも名乗っており、研究者は「虎にまつわるエピソードを踏まえた贈り物だったのでは」と注目する。

 勘兵衛家は室町時代に興った金工師、後藤家の分家。刀装具を扱った他、金貨の鋳造、大名への資金貸し付けもしていた。子孫が昨年、文書約70点を京都府に寄贈。京都文化博物館(京都市中京区)の西山剛学芸員が調査し、礼状を確認した。

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文852文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. インドネシア・スラウェシ島の地震 死者42人、負傷者600人以上に

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです