メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンテスト

真岡市「まろに☆えーる」痛公用車が招待参加

真岡市が「日本一のいちごの街」をPRしようとラッピングした公用車

 アニメやゲームのキャラクターなどを車体にステッカーにして貼ったり、描いたりする「痛車(いたしゃ)」の全国コンテストに、栃木県真岡市の公用車が、主催者招待で初参加することになった。

     市で生産が盛んなイチゴのPRのため、栃木のご当地アニメ「まろに☆えーる」に登場するキャラを描いた。5月に導入以降、動く広告塔として活躍。岐阜県で10月に開かれるコンテストに特別展示する。

     痛車はもともと「痛々しい車」が語源とされ、市の担当者も「確かに運転中に視線を感じる」とPR効果は抜群。コンテスト会場でも「痛公用車」の存在感を見せつけられるか。【萩原桂菜】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 社告 優勝額を販売します 9月場所・白鵬関
    2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
    3. 赤坂電視台 川合俊一 日本女子バレーの団結力はすごい!
    4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
    5. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです