メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

再逆転、粘りの「銅」 バスケ日本女子

 ジャカルタ・アジア大会は第15日の1日、バスケットボール女子の3位決定戦が行われ、日本が台湾を76-63で降して4大会連続の銅メダルを獲得した。

 第1クオーターを20-14で終えながら、日本は第2クオーター開始直後から4連続失点し逆転を許した。台湾はフリーでシュートを打った時の個々の得点率が高く、警戒して試合に臨んでいたはずだったが「予想以上の台湾の得点力に驚いた部分があった」と藪内夏美監督。一時は11点差をつけられた。

 その流れを変えたのが林咲希(JX-ENEOS)だ。昨年のユニバーシアードで、エースとして50年ぶり…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです