メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

渋谷で終章「吉増剛造展」 詩とイメージの重層 先人の作品交え独自の芸術に迫る

企画展について語る吉増剛造さん=渋谷区立松濤美術館で

 現代詩をリードしつつ写真や映像、造形など多彩な表現に挑み続ける詩人、吉増剛造さん(79)の半世紀を超える軌跡をたどる企画展「涯(ハ)テノ詩聲(ウタゴエ) 詩人 吉増剛造展」が、東京・渋谷の渋谷区立松濤美術館で開かれている。

 昨年11月から栃木県の足利市立美術館、沖縄県立博物館・美術館を経てきた展覧会を締めくくる最終展。影響を受けた表現者たちの作品や資料など約140点を一堂に集め、吉増さんの先鋭的な芸術活動の核心に迫る。美術館を舞台にした企画展は、一昨年夏、東京国立近代美術館(千代田区)の特別展「声ノマ 全身詩人、吉増剛造展」以来となる。

 展示は3部構成。第1部「詩集の彼方(かなた)へ」では、『黄金詩篇』『オシリス、石ノ神』『怪物君』な…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです