メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

渋谷で終章「吉増剛造展」 詩とイメージの重層 先人の作品交え独自の芸術に迫る

企画展について語る吉増剛造さん=渋谷区立松濤美術館で

 現代詩をリードしつつ写真や映像、造形など多彩な表現に挑み続ける詩人、吉増剛造さん(79)の半世紀を超える軌跡をたどる企画展「涯(ハ)テノ詩聲(ウタゴエ) 詩人 吉増剛造展」が、東京・渋谷の渋谷区立松濤美術館で開かれている。

 昨年11月から栃木県の足利市立美術館、沖縄県立博物館・美術館を経てきた展覧会を締めくくる最終展。影響を受けた表現者たちの作品や資料など約140点を一堂に集め、吉増さんの先鋭的な芸術活動の核心に迫る。美術館を舞台にした企画展は、一昨年夏、東京国立近代美術館(千代田区)の特別展「声ノマ 全身詩人、吉増剛造展」以来となる。

 展示は3部構成。第1部「詩集の彼方(かなた)へ」では、『黄金詩篇』『オシリス、石ノ神』『怪物君』な…

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文882文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
  2. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
  3. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです