メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

制服でも私服でも元気 岡山・真備の9校で始業式

市立玉島小の児童たち(手前)と対面し、あいさつをする市立箭田小の児童たち=岡山県倉敷市で2018年9月3日午前9時25分、平川義之撮影

 西日本豪雨で浸水被害を受けた岡山県倉敷市真備(まび)町地区の市立小中学校、高校計9校で3日、2学期の始業式があった。各校は豪雨の影響で7月6日から臨時休校し、そのまま夏休みとなった。約2カ月ぶりの授業で、子供らの歓声が響いた。

 市立箭田(やた)小(全校児童268人)は校舎が浸水。仮設校舎は今月末に完成…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文382文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 神戸・教諭いじめ 兵庫県警が加害教諭から任意聴取 暴行容疑など立件できるか判断へ

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです