メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

低姿勢を演じる空気=松井宏員

 ここ数年、耳に付くのが「~させていただきます」という言い方だ。政治家も芸能人もスポーツ選手も隣の人も口にするが、どうにも違和感があって、すっきりしない。

 毎日新聞のデータベースで「させていただく」を検索すると、まあ山ほど出てくる。最近の記事では、自民党総裁選に関して派閥のリーダーが「安倍(晋三)総裁を支持させていただくことで了解を得た」、文部科学省の汚職事件に関与した大学は、内部調査の結果を「まとまり次第、公表させていただく」、プロアマ戦で同伴者に不愉快な思いをさせたゴルフ選手は「トーナメント出場を自粛させていただく」--。挙げればキリがない。

 誰に遠慮して、誰にへりくだっているのか。「総裁を支持する」で済むのに、アベさんにへりくだりすぎ。支…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです