メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

東出昌大 映画「寝ても覚めても」で一人二役 作為を超え、無垢になって

映画「寝ても覚めても」に出演する俳優の東出昌大=梅田麻衣子撮影

 「役者冥利に尽きるという言葉の一番核にある感覚を経験でき、うれしい時間でした」

 公開中の映画「寝ても覚めても」(浜口竜介監督)で、ミステリアスな自由人・麦(ばく)と、堅実なサラリーマン・亮平の二役を演じた。作品は第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品。何よりも、「すごい監督」と評判の浜口と仕事を共にできたことは大きな喜びだ。

 大阪に住む朝子(唐田えりか)は写真展からの帰り道、会場にいた麦と目が合い、そのまま恋に落ちる。運命的な恋のはずだったが、麦はある日突然姿を消す。2年後の東京、朝子は麦と同じ顔をした亮平と出会う。東日本大震災を経て、亮平と暮らし始めた朝子の前に麦が現れる。

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  3. 荻原魚雷のラジオ交差点 このまま走り続けてほしかった

  4. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  5. 世界のコロナ感染、1億人超 77人に1人 死者は210万人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです