メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 のどかな集落が炎に包まれたのは1945年6月19日午後11時半ごろのことだった。米軍のB29爆撃機が福岡県雷山村(現糸島市)の上空から焼夷(しょうい)弾を投下し、幼子ら8人が犠牲になった。ほぼ同時刻に福岡市も標的となり、1000人を超す死者・行方不明者が出た。

 先日、雷山空襲で被災した興福寺を訪ねると、人の背丈ほどの高さの首のない地蔵が出迎えてくれた。頭部は完全に失われ、胴体…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです