ぎふ人物記

飛騨護国神社 田中宏宮司(41) 保存「日章旗」遺族へ /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 高山城跡の一角に鎮座する飛騨護国神社。田中宏宮司(41)は、太平洋戦争の戦場から米兵が記念に持ち帰った「寄せ書き日の丸」の返還に取り組む米国のNPOに協力してきた。約300枚が遺族に返された一方で、遺族が見つからず、神社に保管されている日章旗もある。【大竹禎之】

 返還に関わるようになったきっかけは2012年、当時小学生だった息子の同級生の母親からの相談だった。

 父親が高校時代に米国へ留学した際、ホームステイ先のおじいさんから「戦場から持ち帰った日章旗を遺族に返してほしい」と託されたが、探し方が分からず保管していた。戦死者をまつる護国神社なら探せるのでは、との相談だった。

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1243文字)

あわせて読みたい

注目の特集