メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊方原発

「乾式貯蔵」計画に警鐘 大阪府立大・長沢名誉教授が講演 /愛媛

乾式貯蔵のリスクについて講演する大阪府立大の長沢啓行名誉教授=松山市三番町6で、松本光樹撮影

 伊方原発(伊方町)の使用済み核燃料を保管する「乾式貯蔵」の施設を敷地内に設置する計画に絡み、大阪府立大の長沢啓行名誉教授(生産管理システム)が2日、松山市三番町6の男女共同参画推進センターで、乾式貯蔵の問題点をテーマに講演した。長沢氏は「伊方原発3号機の運転延長につながり、事故のリスクが高止まりする」と警鐘を鳴らした。

 乾式貯蔵は、使用済み燃料を金属製容器に保管し、外気で冷却する。水で冷却するプール方式と異なり、電源…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文513文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 望月がジュニア世界1位 現行制度下では日本勢初
  5. ガンダム 「0080」のNT-1のガンプラがクリアカラーに 内部フレームが見える アーマー着脱も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです